東京ミッドタウン ガーデンシネマ

ミッド東京ミッドタウンでは芝生の上でクッションやデッキチェアでヘッドフォンを借りて楽しめる、ガーデンシネマがあります。こんなのニューヨークとか外国の話だけと思っていましたが、日本ではようやくオトナの遊び場ができたようです。
ガーデンシネマは夏だけの期間限定オープンのようですが、それでもなかなかいいですね。シャンパンやワインを飲みながら楽しむもよし、友だちとおしゃべりをしながら楽しむもよし。
ガーデンシネマでは、前方のウッドチェアにすわることもできるし、後方ではクッションを借りて芝生の上にごろりと横になってもOK。ウッドチェアは脚も伸ばせて、すごく気持ちいい〜。音声はヘッドフォンで聴くこともできます。

東京ミッドタウン お土産 おみやげ

東京ミッドタウンのお土産で人気があるのは、女性でしたら「サンダル」、男性は「雪駄」ですね。
これ、「花緒サンダル」と「ZETTA」という名前になっています。浴衣にもデニムにも履ける、「花緒サンダル・ZETTA」は足当りもよく、履き心地抜群。好きな鼻緒と台を選んで“あなただけ”のサンダルをオーダーしてみてはいかがでしょうか。また、子供用のありますので、浴衣に合わせてみてはいかがですか。

東京ミッドタウン 環境

東京ミッドタウンの大きな魅力は、グリーン。古くからこの地にある緑を受け継いだ広大な自然が、都心とは思えない、すがすがしい世界をつくりだしています。
東京ミッドタウンの環境づくりには、日本庭園技術、大木の移植技術、屋上緑化技術、エバーグリーンメンテナンス技術など様々な環境・緑化技術が活用されています。
ミッドタウンの都市建築を映す豊かな水面と流れ、石組み、自然性あふれる植栽などが潤いのある都市のオアシス空間を創出していますね。
東京ミッドタウンは、敷地面積10万m2のうち4万m2は緑の地域となっています。4万m2の緑の集積は、都市に求めるさまざまな機能の基盤となるという考え方です。緑を確保することにより、夏場は昼夜とも周辺地域よりも気温が低いという効果も生まれています。

東京ミッドタウンでランチ

広大な敷地にある東京ミッドタウンは、GALLERIA(ガレリア)、PLAZA(プラザ)、GARDEN(ガーデン)の3つのエリアで構成され、中でもガレリアにはおよそ130のショップがあり、東京ミッドタウンのショッピングエリアとなっています。その施設内には、コンランレストランの「Botanica(ボタニカ)」をはじめ、日本初出店の店舗も多く、またホテル「ザ・リッツカールトン東京」、「サントリー美術館」なども施設内にあるので、デートやお食事に最適です。
東京ミッドタウンのレストランなど多くのお店は、11時オープンとなっています。雑誌の口コミなどで人気店は早くから行列ができています。もしお目当てのレストランなどがある場合は、絶対に「予約」をおすすめします。

スポンサードリンク